• 0120-577-797

会議ファシリテーター研修でチームが変わる

経営戦略会議 

「会議」に関する書籍はたくさん出ています。

会議についての学習は大きく分けて

1、会議効率化・時短促進

2、参加者納得型の推進

3、参加者自発型の推進

この3つに集約されます。

1の「会議効率化・時短促進」は、短時間で会議の目的達成ができるノウハウ

2の「参加者納得型の推進」とは、リーダーや役職者が一方的に決めて、部下が従うのではなく、部下が納得できるような進め方をするノウハウ

3の「参加者自発型の推進」とは、チームのメンバーがドンドン意見を言って、チーム全体として前向きな決定事項を出すノウハウ

です。

会議ファシリテーター研修って何?

そこで、私たちはクライアント別に「会議ファシリテーター研修」を提案し実施しています。

「ファシリテーター」とは、元来、第3者的な立場で、会議をコントロールする人ですが、ここでは役職者にその一部の機能を持ってもらう事です。

「会議ファシリテーター研修」とは、

●限られた時間で

●皆の意見を引っ張り出し

●皆が納得するように意見を整理・まとめ

●具体的な決定事項を出し

●それを「見える化」するであり、コーディネーターであり、まとめ役

を育成する為の研修です。

「会議ファシリテーター研修」は理論学習だけでなく、ロープレと「振り返り」を何回も繰り返す「模擬訓練型研修」なので、体で覚える研修と言えます。

「会議ファシリテーター研修」で何が変わる?

一番の変化点は「部下の発言機会が増え、論点整理と決定事項導き出しが上手な上司」になる事です。

特にトップダウン型で会議をしていた役職者や、逆に部下に振り回されていた役職者の会議運営が変わります。

どんな会議でも、その会議の最高責任者が司会をして、決定事項を導こうとしたらムリが出ます。

だから、司会はNO2や輪番でも構わないので、役職者がファシリテーター機能を発揮する事で、会議が上手く機能するのです。

「会議ファシリテーター研修」は、各グループ(だいたい5人)に分けて何回もロープレと振り返りをします。

更にそれぞれのテーマに沿って、役割を決めて演じてもらいます。

●リーダー役(ファシリテーター)…この会議の推進者で、小会議・ミーティングをイメージして司会兼、決定権者です。

●コメンテーター役…リーダーのヒントや導入がよければ最後は協力的になる

●意見を言わない 又は聞けば何等かの言葉を出す消極役(サイレンサー) …ヒントが良ければ、後半に良いアイデアを出す

●会議を第3者的に見るオブザーバー役(オブザーバー)

 

こういう役を演じる事で、実際に部下の気持ちになり、自身の会議推進方法を見直すのです。

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012