• 0120-577-797

赤字会社の社長の性格と行動特性①

今までこのメルマガやブログでも述べてきましたが、赤字の要因は外部要因、内部要因が絡み合って発生します。経営者の責任だけに帰するのは厳しい面もありましょうが、しかし、赤字の最終的な責任は、やはり経営者にあります。

先日、ある会計事務所の全体会議に参加して事務所のコンサルティングしている時に、所長や職員から

「赤字企業の社長にはどんな特徴がありますか?」

と言う質問を受けました。

「これが原因だ」と断定するのは難しいですが、赤字企業の社長にはある方向性があるように思います。

これは、私たちが30年間のコンサルティングで感じた印象とでもいいましょうか。

今まで多くの優良企業ともお付き合いしてきましたが、それ以上に赤字を経験した企業ともお付き合いしてきました。

様々な要素で赤字に転落する事はありますが、優秀な企業は「赤字脱出」の打つ手も早いので、連続赤字を出す事はそう多くありません。

しかし、何年も赤字体質から抜け出せない企業の社長には、確かに似たような特徴があります。

今回と次回は、「赤字体質からなかなか抜け出せない社長の特徴」を整理してみたいと思います。

コンサルタントや会計事務所の職員も、自分の顧問先経営者に当てはめてみてください。

1、赤字の原因と対策を冷静に客観的に分析していない。

「何故赤字なのか」何回も本質を吟味しない 理論的に考えない経営者です。

恐らくこういう経営者は感情論、人情論が先行し、具体策が本質を捉えてないケースです。

現象面だけに右往左往し、その背景、本質を理論的に分析していません。

仮に本質がわかっていても、勇気を持って行動できないという事でしょう。

 

2、リストラ策、設備投資、拡大政策も資金的な裏づけを吟味せずに、行動に走る

何かの打開策に向けて行動するには、必ず資金が必要となります。

資金の裏づけがない対策は長続きしません。

実際に、リストラをするにも先に費用が発生し、コスト削減効果は後から出ることが多いのです。

設備投資や広告宣伝にしても、中途半端な形で成果までいかないのは、資金が続かないからでしょう。

「対策=資金政策」を同時に考えない経営者は、赤字対策も抜本対策にならないといえます。

 

3、新戦略、商材開発など、会社の新たな戦略に率先垂範して行動しない

既存事業からの脱皮を考え、新たな事を行なえば当然 リスクはつき物です。

リスクが取れる経営者が直接行動せずに、他の役員や幹部任せではほとんど失敗するようです。

「中小零細企業において、新規事業の成功率は低い」と言われてますが、経営者が責任者になり、成功するまで続ければ、可能性は高いと言えるでしょう。

後はその新規戦略の妥当性と資金力だけです。

 

4、衰退が明らかな既存の商品、既存の顧客を当てにして、新たな開拓・開発の腰が重い

今の業績は過去の努力の結果です。

今まで自社に貢献してきた商材や顧客が、明らかにマイナスに進んでいるなら、そんな過去にしがみついていて、未来が拓けるはずがありません。

経営者の経営者たる行動は、業種業態に関係なく、「新たなことへの挑戦」です。

腰の重い経営者は、やはり慢性的に業績の良くない会社が多いようです。

 

5、損益計算書を時系列でチェックせず、売上、原価、経費のバランスを見た対策を出していない

赤字が急激に発生した場合は、存亡をかけたなりふり構わない対策を打つでしょうが、慢性的な場合は、損益数値を時系列でチェックし、傾向を見るべきです。

その上で売上、原価、経費にバランスを見た対策を考えます。

このバランスとは、経費を考えて少しずつ対策を打つという「逐次投入」を言うものではありません。

「一気呵成の投資」をするなら、それ以外の経費を極端に縮小するなど、「選択と集中」を行なう事を意味します。

中途半端な対策に終始する赤字社長は、「する事としない事」の差がハッキリしない人が多いようです。

 

6、資金繰り表を定期チェックせず、先行的に資金不足を確認していない

収入予定と支出、過去の流れを常にチェックすれば、数ヶ月先の資金不足は分かるはずです。

資金繰りを誰かに任せ、社長自身は損益だけ追いかけても、資金的な裏づけのない対策は長続きしないと先ほど述べたように、全てが中途半端になります。

『損益と資金繰りは表裏一体』ですから、先々を考えて資金計画を考えるべきです。

極端なな言い方をすれば、これは小規模企業に多いのですが、「赤字社長は資金繰りをみていない」ケースが多いようです。

7、赤字の真っ最中でも、同族不仲で、一丸で再生の努力ができない

赤字の時に同族の不仲が全面にでるようでは再生などほど遠いと言えます。

経営者は大儀の為に小異を捨てることが肝要です。

元来、同族企業の良さは、「御家の一大事に結束」する事であるのに、感情論が先行し、一枚岩になれないのです。

ここは一時休戦して「赤字脱出の為に、我を捨てる」事が肝要です。

今まで、多くのコンサルティングの経験の中で「会社が傾いているのに、同族が喧嘩している」というケースが数件ありましたが、そういう会社は「倒産直行便」を自ら運転しているようなものです。

 

次回もこの続きをご紹介したいと思います。

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

アーカイブ

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012