• 0120-577-797

連続60回幹部勉強会の内容とは?

経営顧問として10年、20年続ける事はもしかしたら、そう珍しいことではないかもしれません。

しかし、2時間に幹部研修(勉強会)を毎月1回、5年間続けるとなると、そう簡単では

ない事は予想がつくと思います。

何故なら、「勉強会」というのは一方的に話し訳で、講師も受講者も途中で飽きていきます。

ましてや、勉強会だけで幹部の意識が変わり、リーダーシップが発揮される事は、ありえない

ですよね。

しかし、過去10社で5~7年間、毎月1回2時間の幹部勉強会を継続してきました。5年間×12か月

=60回です。

現在でも2社継続しています。

スポットではなく、毎月です。しかもそれ専用の報酬も頂いた上で。

仲間のコンサルタントから

「よくそんなにネタがありますね。というより、受講者が飽きませんか?」

で、私の回答は

「そりゃ、お互い飽きるさ。ただ飽きさせない工夫はしてるよ。講義だけでは絶対飽きるから」

です。

では、どういう工夫をしているか、ちょっとだけテクニックをご紹介しましょう。

 

1、まず、講義ジャンルを決める

幹部勉強会はリーダーシップ勉強会が中心ですが、リーダーシップといってもいくつかジャンル

に分かれます。

60回を前提にした場合、先に下記の6カテゴリーに分けて、講義タイトルを決めます。

①リーダーシップマインドセット

②「見える化」

③部下が動く仕組みづくり

④カイゼン活動

⑤コーチング

⑥ファシリテーション技術

講義ジャンルを決めないと、途中でテーマやタイトルがぐちゃぐちゃになる、内容が重なる危険性

があります。

各テーマごとに、タイトルを決めて、年間スケジュールを決めます。

 

2、各テーマごとにの講義タイトルを3~5つアップ

各テーマごとに、講義を3つ位の「幹部が興味を持ちそうなタイトル」=キャッチコピーを

考えます。例えば

①リーダーシップマインドセット

  ●年上の部下が自発的になる勘所

  ●理想的な上司は目指すな。ここだけ押さえれば部下はついてくる

  ●何回注意しても、治らない問題部下の対処法

②「見える化」

  ●重点課題や喫緊課題の情報共有できる「ホワイトボード」活用方法

  ●部下の個人能力の目標管理が円滑になる「スキルマップ」の書き方、チェック方法

  ●会議での決定事項を「見える化」して、チェック漏れを防ぐ

③部下が動く仕組みづくり

  ●いちいち言わなくても、誰かがチェックする「管理の自動化」の仕方

  ●部下の報告漏れ、期限忘れをなくす「やらざる得ない仕組み」とは

  ●部下が自発的になる目標面談と日頃の声かけ

④カイゼン活動

  ●小さなカイゼン意見が部下からどんどん上がる「12のヒント」

  ●コスト削減、ムダ削減、時間短縮のカイゼンポイント

  ●部門間連携が円滑にいき、他部門が協力してくれる「小さなカイゼン」

⑤コーチング

  ●部下に答えを教えない。考えさせるコーチング理論

  ●部下が意見や考えを言いやすい「質問のバリエーション」

  ●部下の考えを行動に移させるコーチング

⑥ファシリテーション技術

  ●会議の問題点、会議診断

  ●合意形成のファシリテーション技術

  ●会議ミーティングで抑えるポイント

これらのような具体的な講義タイトル(大目次)を決めて、それぞれに内容(中目次)を決めれば

最低でも12か月、普通は24カ月分位の講義タイトルになります。

 

3、2時間勉強会は「聴く」「書く」「討議する」で飽きさせない

一方的に話すばかりでは、どんなに良い内容でも飽きてしまい、居眠りをする受講生が出てきます。

飽きさせない為には、2時間の中で変化をつける必要があります。

最低でも、2時間の枠の中で「聴く」「話す」「討議する」を入れています。

「聴く」

講義を聴く事です。しかし途中で指名して、受講生に質問し答えさせる事で、講義時間の中でも変化

をつけます。

「書く」

これはワーク(自己作業)です。何らかのテーマに対して、記述するフレームやチェックリストを用意

し、考えさせる時間をとります。

「討議する」

これは3~4名程度のグループに分け、講義内容、自分が記述した事の内容をシェアし、他人からの意見

をもらう場にします。この「討議」は他部門の実情をお互いが知り合う絶好のチャンスになります。

「講義内容は覚えてないが、他部門の事が理解できた」と講師としては笑うに笑えない感想文も出てきます。

 

4、感想文を書いてもらう

研修終了間際に感想文を書いてもらう。時間がなければ後日でもよいので必ず出してもらいます。

この感想文の内容が次に講義の修正案になるし、各幹部がどう思っているかを知る機会になります。

感想文は、総論でもらってもあまり意味がありません。

知りたいのは具体的な意見と課題です。

そこで、感想文のフレームには下記のような質問を設け、その枠内に書いてもらいます。

①感想と学んだ点

②今日のテーマに直結した現状の具体的な課題は何(業務上起こっている課題)

③その課題に対して、今までやってきたこと(あまり効果を実感してない事)

④今日の研修で学んだ事をどう実行に移すか(いつ、だれが、どこで、どのように)

⑤今日のテーマ以外にあなたが負担に思っているマネジメントの問題、困りごとは何

こんなことを書いてもらいます。

研修のたびに、感想文の書き方を指導しないと、いつまでも役に立たない感想文になるので、書き方

指導は大事です。

提出はExcelにしています。これを継続する事でPCへの入力スキルがつくので一石二鳥です。

 

5、感想文の添削サービス

この感想文を総務にまとめてもらい、コンサルタントにデータ(エクセル)で提出してもらいます。

この感想文の最後に「コンサルタントからのアドバイス」という欄を設け、赤文字でアドバイスを

します。それが「感想文の添削サービス」というものです。

あるクライアントでは毎月40名以上の感想文が提出されます。

その一つ一つに目を通し、アドバイスのコメント書きます。

1名に付、10分前後かかり、所要時間も300~400分かかることもあります。

しかし、幹部個人の課題もわかり、それに沿って研修計画や経営会議でのテーマアップもできるので、

数年もずーっと続けています。

しかもこれは無料ではなく、毎月1名添削に付き、顧問料や研修費用とは別途にもらっているので、収支

はあっています。

 

6、感想文の添削結果を経営者へ報告

感想文の添削では「固有名詞を書いてください。経営者にも固有名詞は言わないから」と念を押して、

リアルな悩みや課題を出してもらっています。

だから経営者にも固有名詞で報告はしません。

ただ、添削結果によって、傾向としての出来事や今やるべき具体策を提案します。

経営者も「自分が把握していない幹部の悩み」を知りたいと思っています。

だからこの添削サービスを心待ちにしている社長もいます。

この添削サービスをする事で、仮にある幹部から

「もうこんな効果のない、負担のある時間外での幹部研修は止めて欲しい」と

提案があっても、添削サービスの有効性を知っている経営者は、この幹部勉強会を

を継続する意思決定をしてくれます。

 

幹部勉強会は中小企業では、外部研修の機会もなく、できるなら顧問コンサルタントや会計士事務所が

行うのがベターです。

しかし、ただ講義するだけなら、おカネももらえないし、効果も出ません。

何より幹部から経営者へ

「もう、あの先生の勉強会は意味がないですよ。止めてもらって他の事をした方がいい」

と提案され、経営者も

「そうだな」

と思われたら、即終了です。収入も減ります。

あなたは「勉強会を数十カ月続ける工夫」をしていますか?

 

㈱RE-経営 嶋田

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

●勉強会、セミナーのレジメ・テキストを作る時間がない

●他のコンサルタントはどんなレジメを用意しているのだろう

●幹部向けセミナー、経営者向けセミナーをしたいが、サンプルのレジメが欲しい

そんな方に、ついに「講演会レジメ・テキストテンプレート」が発売されました。

嶋田が最近、10年間で使用した講演会・幹部向けセミナーのレジメテキストを

データでお届けします。

目的に沿って、加筆修正するだけで、大幅時間短縮になり、また新しい講義テーマとして

自身のバリエーションを増やすことができます。

講義タイトルはまず15タイトルですが、順次増やしていきます。

嶋田のコンサルタント仲間同士では、このようなセミナーレジメをシェアしてお互いの

バリューアップにつなげています。

あなたも活用してみては?

詳しくはこちらを参照

【ノウハウ市場 講演セミナーレジメ・テキストテンプレート】

 

 

 

 

 

アーカイブ

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012