• 0120-577-797

電子書籍無料ダウンロード

 

地方で経営顧問を増やす 分析協議型コンサルティングノウハウ

地方で経営顧問を増やす 分析協議型コンサルティングノウハウ

 

地方で起業する経営戦略、または既に活動しているコンサルタント向けに、いかにしたら固定収入につながる「顧問契約」が取れるかを解説。昨今「専門特化型」「業種特化型」「部門特化型」に差別化したUSP(独自のウリ)でPRするコンサルタントが増えている。しかし地方ではもっと「汎用的なコンサルティング」の差別化を行わないと「顧問契約」につながらない。「SWOT分析」も使い、顧問契約獲得に軸足を置いたノウハウを10ページにして無料公開。

本レポートを学習する事の効果、メリット
  • 地方で開業、または既に活動している経営コンサルタント
  • 地方で付加価値を高めたい会計事務所、社労士、コーチ
  • スポット契約や研修、JVの売上が多く事務所経営が安定せず、自前の固定収入を増やしたい方
  • 小規模企業、零細商店のクライアントが多く、顧問単価が低く、もっと規模のある企業に入り込みたい方
  • 何か差別化スキルを全面に出したい方
  • コンサルティング売上が年間1000万円以上が目標の方
  • 経営コンサルタントを10年以上続けたい方
  • 「専門特化型」「業種特化型」「部門特化型」にコンサルティングスキルをこれから学ぶかどうか迷っている方
  • 他のコンサルタント養成講座を受けようかどうか迷っている方
  • これからコンサルタントとして独立を考えている方

本レポートで学べる事
  • 地方の経営コンサルタントが毎月安定した固定収入を上げる為に「コンサルティングの切り口」が分かる
  • 都市型コンサルタントのマネをしても、地方型コンサルタントが上手くいかない理由が分かる
  • 毎月10万円以上の固定収入、経営顧問先10社を5年以上維持するノウハウが分かる
  • 専門、業種、部門、規模に関係なく、中小企業の独自の経営戦略をコンサルティングする「分析協議型ノウハウ」が経営顧問に直結する理由が分かる
  • SWOT分析から経営顧問契約までの流れが分かる
  • クライアントの商品開発に関与する時の「商品開発SWOT分析ノウハウ」の使い方が分かる
  • クライアントの新規事業参入の可否判断をする時の「新規事業SWOT分析ノウハウ」の使い方が分かる
  • 巷で間違ったSWOT分析は横行している中で、ダメなSWOT分析事例を取り上げ、ダメな理由の解説があるので、間違った方向に進まない
  • 専門小売店(地域の小規模スポーツショップ)がどのようなSWOT分析から、立ち直ったか、実例解説があり、ヒントが見つかる
  • 「分析協議型コンサルティング」の最初の切り口から顧問収入確保までの流れが分かる

 

本レポートの目次

  • 1.地方で 「 専門特化型」 業種特化型」コンサルタントだけでは地方で 食えない事実
  • 2.地方にあったコンサルタントのカタチ
  • 3.地方の経営コンサルタントが生産性を上げ続ける為の公式
  • 4.地方で 30 年間、350 社のコンサルティングで分かったこと
  • 5.SWOT 分析が中小企業の経営者に受け入られる理由
  • 6.SWOT 分析を使った顧問契約までの黄金のステップ
  • 7.「分析協議型コンサルティング」のメインメソッド SWOT 分析の概念
  • 8.「商品開発戦略」を決める時の「SWOT分析」の考え方
  • 9.「新規事業への進出」を決める時の「SWOT分析」
  • 10.新規事業の撤退」を決める時の「SWOT分析」
  • 11.世間で出回っている「間違ったSWOT分析」では台無し
  • 12.これがリアルな「SWOTクロス分析の積極戦略」事例

下記入力フォームに、お名前・メールアドレスを入力して、送信ボタンをクリックして下さい。

ご入力いただいたお名前・メールアドレスは、メール情報のご提供以外の目的で使用することはありません。
情報の蓄積を行ったり、他の目的で使用することは一切ありません。

 *このメールフォームはSSL対応にて暗号化されています。


 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012