• 0120-577-797

③SWOT分析を導入した会計事務所の声

 これまで会計事務所向けにSWOT分析を活用した経営計画書の指導を延40事務所に実施してきました。SWOT分析は会計事務所の必須スキルだと思っています。RE-経営の指導を受けた会計事務所所長の声です。

 

 

税理士法人馬服&パートナーズ  代表税理士 馬服一生氏

 嶋田先生の指導を受けて6年目を迎えます、円滑化法終了をにらみ、金融機関に対しても積極的に「SWOT分析」や「経営改善計画書作成」のできる事務所をPRしてきた結果、かなりの認知を頂いています。会計事務所に不足している「具体策のある経営計画書」作成ノウハウが、そのまま経営改善計画書につながり、おかげで当事務所の提案レベルはかなり上がってきたのではと自負しています。当初は一般の会計事務所と同様に「相応の高い能力がある職員ばかりでなく、巡回監査をしながら、経営計画書の指導ができるか」不安でしたが、職員も自信を持つようになり、「SWOT分析」や「実務的な経営改善計画書」は当事務所の重要なPRポイントになっております。

山之内会計事務所 所長 山之内浩明氏

 アールイー経営の嶋田社長とは、もう10数年のお付き合いで、毎月当事務所においでいただいて職員の教育や、SWOT分析、経営計画書支援能力の研修をしてもらっています。当事務所は特に経営計画書とSWOT分析において、地域トップクラスを目指していますし、SWOT分析の実務的な手法を使った経営計画書指導実績は頭一つ抜けているのではと思います。その姿勢は金融機関支店との関係づくりや、顧問先からの評価にも表れています。 

看公 税理士法人 代表社員 黒岩延峰氏

 最初はアールイー経営の嶋田社長と知り合って、SWOT分析手法を職員に教育して貰うつもりでした。しかし、先ずは先生が提唱している経営計画書作成の仕方やノウハウ、聞き方などのロープレを徹底して研修しています。基本は職員がいかに顧問先経営者から経営の悩みや課題を聞き出し、一緒に取り組んでいくかです。まだまだアドバイスが前面に出てコーチング会話で相手に考えさせる会話ができない職員もいますが、徐々にレベルアップしているようです。

オガウチ税理士法人  代表税理士 小ヶ内聡行氏

 経営者と「計画数値の根拠対策がある経営計画書」とそれを質問し聞き出す「コーチング会話力」は重要なスキルと考えています。当事務所は直接ご指導頂いていますが、このSWOT分析を活用した経営改善計画書の通信講座では、RE-経営の嶋田社長が、会計事務所で直接コンサルティングしている内容を専用収録のDVDで、テキストと共に解説してくれているので効果的だと思います。

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

コンサルティング

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012