• 0120-577-797

②監査時面談のポイント

職員の中には監査業務が終われば、経営者がいようがいまいが、そそくさと関与先を後にする人もいます。関与先経営者は、本当は話を聞いてほしい筈ですが、職員がその気になってないのです。むしろ、そういう面談場面から逃げている人も見受けられます。 

どうして、経営者面談ができないのでしょうか?

 

 

職員から出る言い訳は

   「話をしようと思っても、経営者が応じてくれない」

   「監査後に面談しようとしたが、経営者がどこかへ行ったので話せない」

   「自分を相談相手だと思ってくれてないから、話してくれない」

   「何をどう話していいかわからない」

など、「できない理由」は様々です。

 

共通しているのは、「話を聞く姿勢に積極性がない」ということです。特に「経営者が話している事を理解していない」場合もあります。その証拠に「質問」が返せないのです。現在、会計事務所の評価はますます厳しくなっています。経営者と話せない職員は、担当替えを請求されるか、顧問料値下げを要求されるか、どっちにしてもいいことはありません。ではどうすれば、会話力が向上するのでしょうか?

その一つに「質問力」を磨くということがあります。「質問」さえできれば、会話がつながります。ただその質問が的を得ていないと、相手が苛立て来ます。「質問」は難しいことではありません。「質問」や「面談」を難しく考えている職員に共通しているのが、「会計や税務以外で何か経営に関する提案しなければならない」というピンとはずれな強迫観念を持っている事です。そういう職員には「本当にご心配なく」「それこそ取り越し苦労ですよ」と申し上げたい。会計事務所の職員に、何か大それた提案を期待している経営者は多くありません。


ただ、自分の経営判断が正しいかどうかの話を聞いてもらって、安心したいだけです。決して、「社長、それは間違ってます」とか「社長、それは無理です」とかの返事が欲しい訳ではありません。まず、話をじっくり聴くことです。その為の質問はそれほど多くはありません。

 

「何故、そう思われたのですか」
「どうすれば、それが実現できますか」
「まず、何か手を付けますか」


など、相手の考えを促す質問で言い訳です。それでも、経営者は聞いてくれているという実感が持てます。これは、コーチング会話の技法です。実は、私がロープレ等で職員教育をしているのは、このコーチング会話の訓練なのです。通常会話でコーチング会話ができる人は、やはり経営者の評価は高くなります。

 

 

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

コンサルティング

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012