• 0120-577-797

継続MASを活用した経営計画を提案しても、顧問先社長からいろいろな反応があります。そして、「顧問先社長から抵抗を受けると、もう経営計画の話しをしない」職員も多いようです。しかし、ここで、もう一歩突っ込んで、「応酬話法」を使うことで、先方の社長は「だったら、経営計画を作成しよう。手伝ってよ」と言うかもしれません。ここでは、そんな応酬話法を事例をご紹介します。これな当社のクライアントである複数の会計事務所の職員研修で協議したものの抜粋です。職員研修を効果的に行い、このようなアウトプットを出せば、即役立つ訳です。

 

継続MASを提案する時に応酬話法と対策

 

継続MASを提案する時に応酬話法と対策

 

 

コンサルティング

 

RE008
嶋田利広のコンサルタント事務所経営ノウハウ
嶋田利広の病院・介護人材育成メルマガ
 
RE004

 

 
 
 
 

フリーダイヤル0120-5777-97

RE002

RE012